役立つテクニックと知恵




スポンサーリンク





序章

普通の人は、自分はそんなにツイている人生とは思わない
けれど、でも、運から見放されている、ツキから見放された
人生だとも思っていないでしょう。

 

まあ、こんなものだろうと、納得しながら自分の人生に合点
という評価を下していることでしょう。

 

 

まあ、人様が納得しているのに、そこに踏み込んで議論を
ふっかけるほど私は野暮ではありません。

 

 

ですから、

 

 

 

これから、述べていくことについては、ぜひ、あなたは
スルーしてくださいね。

 

 

あなたはツイている人だから、、、、
必要ないはずだから、、、、

 

 

 

でも、私は、ツイていると自覚している人を無視して話を
進めます。

 

 

ちょっと、自分はツキが弱いかな?
と、少しだけ気になっている人のために、
本編の内容を下記に示します。

 

 

ツイている人生を送りたいなら、ついていない人の
行動パターンをしっかり研究し、その逆をやれば
解決します。

 

ということで、ついていない人の行動パターンを幾つか
集めてみました。

 

●ツイてない人は、ひとの話にすぐのってしまう。
●ツキのない人は迷った時の選択は好き嫌いで選んでいる
●ついていない人は溜めがきかず焦って、先を急いでしまう。
●ついていない人は、最終的に自分はツイていると信じている。
●環境を変えれば問題は本当に解決しますか?
●ツイていない人は、自分の説明が多い
●ツキのない人はいつも相手の土俵で勝負している。
●都合の悪いことは知らないことにしておくタイプの人いませんか?

 

 などなど個々のケースを説明していきます。

 

 

 

では、まず 

 

第一話 ツイてない人は、人の話にすぐにのってしまう。
に進みましょう。

ツイている人生を送れていないという気がする人に元気を贈ります。記事一覧

第一話 ツイてない人は、人の話にすぐにのってしまう。

なにか良さげな話が舞い込んできた時、その話の出所に関心を持たない人は、間違いなくツイていない人生を送っています。そして、話の内容に希望的な夢を託しのめり込んで行くこと多いです。人生の選択は、その当事者の自由ですから口を挟むべきではないでしょうが、あまりにお粗末すぎると、思われませんか?大切なかけがい...

≫続きを読む

第二話 ツキのない人は迷った時の選択基準は好き嫌いで選んでいる。

普通に生活していると、う〜〜ん、どうしようか?と迷うこと少なくありませんね。迷うということは、どちらを選択すれば正解なのかにわかに判断がつかないことを意味します。どちらを選択すれば良いのか、どちらを選択すれば間違いや被害が少ないか?などなど、悩みはつきませんね。このような場面に立つと、ツキのない人は...

≫続きを読む

第三話 ついてない人は、溜めがきかず焦って、先を急いでしまう。

焦りは、誰にもあり、それは普通のことなのですが、ツイていない人は特にその傾向が強くみられます。焦る人は、・とにかく早く結果を知りたい。・とにかく早く成果を上げたい。・なんでもいいからジリジリ時間がかかるのは我慢できない。などと、時間を短縮したいという意識が強いようです。もちろん、誰もが早く結果を知り...

≫続きを読む

第四話 ついていない人は、最終的に自分はツイていると信じている。

ツイていない人の多くは、自分には、ツキがあり、最後には、運が自分を救ってくれると信じています。気持ちを前向きに導くためには、この肯定的な思考はとても有効です。ところが、最後は、勝利するのだから、ちょっと手を抜いても大丈夫!と一人で判断し、油断する人とても多いです。ツキが味方してくれない人の典型的パタ...

≫続きを読む

第五話 環境を変えれば問題は本当に解決しますか?

職場で仕事がうまくいかなかったり、人間関係でこじれてしまう,,,。こういうことは、しばしば起こりますね。問題の根本原因はどこにあるのかと向き合う習慣のない人は、すぐに、職場を去ることを考えます。まあ、環境が合わないこともなくはないですが、殆どの場合、本人に原因があるので、環境が変わっても、しばらくす...

≫続きを読む

第六話 ツイていない人は、自分の説明が多い

職場関係の人たちや友人と話が盛り上がることが多いですが、気をつけてその内容を思い起こすと、やたら自分の説明が多い人っていませんか?そういうタイプの人は、優しいし、親切なのですが、どうもツイているとは言いがたい傾向があります。ツイている人は泰然と構えているので、自分のことは、ほとんど口にしませんね。自...

≫続きを読む

第七話 ツキのない人はいつも相手の土俵で勝負している。

自分の土俵とか相手の土俵という言葉の意味は理解できるけれど,、具体的なイメージが湧きにくいですね。例えば、趣味のサークルなどで、役割分担を決めるとき、いつも希望が言えず、不本意な役目を引き受けてしまうのは、まさしく自分の土俵で勝負していないですね。これに関連するのですが、交渉事が苦手な人も、自分の土...

≫続きを読む

第八話 都合の悪いことは知らないことにしておくタイプの人いませんか?

状況が悪化してくると、普通の人なら、いかに被害を最小限に食い止めるかという方向に関心が向いていきますよね。が、どういうわけか、自分のことなのに、見過ごそう、とか知らなかったことにしておこうとする人が少数ですがおられます。このタイプの人は間違いなくツカない人生を送るでしょうが、実は、潜在的に思考停止と...

≫続きを読む




スポンサーリンク