役立つテクニックと知恵




スポンサーリンク





第六話 ツイていない人は、自分の説明が多い

職場関係の人たちや友人と話が盛り上がることが多いですが、
気をつけてその内容を思い起こすと、やたら自分の説明が多い
人っていませんか?

 

そういうタイプの人は、優しいし、親切なのですが、どうも
ツイているとは言いがたい傾向があります。

 

ツイている人は泰然と構えているので、自分のことは、
ほとんど口にしませんね。

 

自分のことをわかってほしいとは思うけれど、それは、
そんなに優先順位は高くないので、殆ど自分の話題に
触れないのです。

 

こういったツキに恵まれている人に比べ、自分が理解されて
いないのではないかと、不安に思う人は、相手がどちらでも
いいと感じることまで、説明しだすので、少し敬遠され気味
になります。

 

疎んじられると、いい情報も入ってきませんね。

 

そんな状態になると、さらに不安が増してより詳しく
自分を語りだすのです。

 

悪循環ですね。

 

こういうパターンを脱する必要がありますね。

 

何故置き去りにされると不安なのかの正体を自覚
すれば解決し、脱出できます。

 

置いて行かれるとまずいと思うのは、次に何をすれば
よいのかを自分で考え、決断するという習慣が身に
ついておらず、人に決めてもらう、その人の意見に盲目的に
従うことが習性となってしまっていることが原因です。

 

別の言い方をすれば、自分の説明が多い人は、失敗を
恐れるために自分が行う選択や判断を他人に委ね
万一失敗しても、自分のせいではないと思いたいし、
言いたいのです。

 

 

自分が達成したいことを自分が選択し、決定して、
結果が万一失敗に終われば自分の逃げ場なないと
いう恐怖感が自分の行動をおしとどめています。

 

そして、この状態を説明したいのです。
わかってもらおうとしたいのです。

 

そんな説明はなんの幸運をもまたらさないと早く気が
ついたほうがいいですね。

 

 

たとえ、自分の判断で、失敗することがあったとしても
成功することだってあるのですからフィフティフィフティです

 

失敗の経験を積み重ねれば、リカバーの経験も同時に
増えていきます。

 

ここがわかれば、自分を一生懸命説明する時間は
無駄だと納得がいくようになります。

 

 

また、慣れれば、成功率がとても高まっていくことに会心の
充実感を得ることができるでしょう。

 

多少の自分の失敗には目をつむる度量を持つことが、
大きく成長できる可能性を高めるのだと
いつ知るか、
がとても重要です。

 

 

さて、次のテーマです。

 

殆どの人は争い事を好みません。

 

できることなら穏便にすませたいと考えています。

 

これは、譲りあうことで争いを避けてきた日本人の持つ
DNA美徳だと言えます。

 

ところが、せっかくの美徳が逆に相手からつけ込まれてしまう
ケースもしばしば発生します。

 

第七話では、つかない人は、いつも相手の土俵で勝負して
しまうことについて考えましょう。

 




スポンサーリンク





第六話 ツイていない人は、自分の説明が多い関連ページ

第一話 ツイてない人は、人の話にすぐにのってしまう。
知ってれば得すること世の中に多いものです。 でも教えてくれる兄さんもいないし、先輩も周りにない。 そんな時に、このサイト活用してください。 先輩の知恵がぎっしり!
第二話 ツキのない人は迷った時の選択基準は好き嫌いで選んでいる。
知ってれば得すること世の中に多いものです。 でも教えてくれる兄さんもいないし、先輩も周りにない。 そんな時に、このサイト活用してください。 先輩の知恵がぎっしり!
第三話 ついてない人は、溜めがきかず焦って、先を急いでしまう。
知ってれば得すること世の中に多いものです。 でも教えてくれる兄さんもいないし、先輩も周りにない。 そんな時に、このサイト活用してください。 先輩の知恵がぎっしり!
第四話 ついていない人は、最終的に自分はツイていると信じている。
知ってれば得すること世の中に多いものです。 でも教えてくれる兄さんもいないし、先輩も周りにない。 そんな時に、このサイト活用してください。 先輩の知恵がぎっしり!
第五話 環境を変えれば問題は本当に解決しますか?
知ってれば得すること世の中に多いものです。 でも教えてくれる兄さんもいないし、先輩も周りにない。 そんな時に、このサイト活用してください。 先輩の知恵がぎっしり!
第七話 ツキのない人はいつも相手の土俵で勝負している。
知ってれば得すること世の中に多いものです。 でも教えてくれる兄さんもいないし、先輩も周りにない。 そんな時に、このサイト活用してください。 先輩の知恵がぎっしり!
第八話 都合の悪いことは知らないことにしておくタイプの人いませんか?
知ってれば得すること世の中に多いものです。 でも教えてくれる兄さんもいないし、先輩も周りにない。 そんな時に、このサイト活用してください。 先輩の知恵がぎっしり!