役立つテクニックと知恵




スポンサーリンク





第五話 自分の人生をデザインしてみましょう

人生というものは、何故か思い通りにいかず、むしろ
自分の意志の反対のことばかり起こると思われませんか?

 

 

思い通りにならない事が多く続くと、もう高望みはしないで
成り行きに任せるしか仕方ないなあとあきらめ気味の方
おられませんか?

 

 

しかしですよ!

 

 

今のこの現状はあなたにとって、意外なことですか?

 

 

静かに落ち着いて振り返ると、今の自分の現状は、
前に、こうなるような気がしていませんでしたか?

 

 

つまり、意識しないで、自分が想定(デザイン)してきた
ことが現実になったと考えられませんか?

 

 

こうなれば嫌だなあと、思っていたことが現実になってしまう
という経験は多くの人に思い当たる事実だと思います。

 

 

一体これはどういうことなのでしょうか?

 

 

ここで仮説です。

 

ひょっとすると、現実というものは、自分の想定したことが
起こるという傾向にあるのではないか!

 

この仮説が正しいとすれば、対策は、一つ。

 

「自分で、自分の人生を設計しデザインをほどこすこと」
しか考えられませんね。

 

自分の人生を自分で決める自信がない状態では、
人に意見を聞いたり相談したりするものですが、

 

中には、

 

自分の人生そのものを人に決めてもらおうとする方が
おられるようです。

 

まあ、人生は自由ですから、どんな方法もいいのですが、
人に決めてもらった場合、途中で修正に手間取るという
危険性がありますよね。

 

自分では修正してもいいのかどうか判断できないからです。

 

そうこうする間に、時間のみが経過して、タイミングを
失する場合もあります。

 

 

では、自分で自分の人生を設計し、デザインを施す自信がない
人はどうすればいいのかといえば、

 

とりあえず、

 

未熟であっても大体の希望が叶う人生を仮に自分で決定
しまうわけです。
(これは仮説をたてると同様の意味合いです)

 

 

仮に決めてそれを実行しながらどんどん修正をかければ
いいのです。

 

自分で考えた仮説ですから、修正についても、即座に
実行可能です。

 

 

仮説を想定する場合、自分で気に入った状況をまるで
写真で取るようにぱちりとシャッターを押します。

 

その他にも気に入った状況をスナップ撮影のようなことを
するわけです。
(これは頭の中での作業です)

 

 

そうして次にたまった写真を大きなボードに貼付け
します。

 

これらは頭のなかで行いますので、写真撮影から写真貼り
まで一分とかかりません。

 

これらの写真を見つめていると、その状況になるための
ストーリーやシナリオが思い浮かんできます。

 

すぐの思いつかなくても、数日後に思い浮かぶというか、
ひらめきに遭遇します。

 

もし、何もひらめかないという場合は、最初のスナップ写真が
脳に印象付けられていない可能性があります。

 

脳が画像として把握していない模様です。

 

でも修正は簡単です。

 

ひたすら、その画像を見つめればいいのです。

 

それで解決します。

 

 

自分の希望する未来が実際に実現しますのでとても
充実感を得ることができます。

 

そんなバカなとお思いですか?

 

試してみる価値はあると思いますがあなたはどう思われますか?




スポンサーリンク





第五話 自分の人生をデザインしてみましょう関連ページ

第一話 仮説活用は勝ち組の人たちの重要な武器!
知ってれば得すること世の中に多いものです。 でも教えてくれる兄さんもいないし、先輩も周りにない。 そんな方は、このサイト活用してください。 先輩の知恵がぎっしり!
第二話 不平・不満人間たちに共通する弱点とは
知ってれば得すること世の中に多いものです。 でも教えてくれる兄さんもいないし、先輩も周りにない。 そんな方は、このサイト活用してください。 先輩の知恵がぎっしり!
第三話 主導権は仮説発案者が握っている。
知ってれば得すること世の中に多いものです。 でも教えてくれる兄さんもいないし、先輩も周りにない。 そんな方は、このサイト活用してください。 先輩の知恵がぎっしり!
第四話 有能リーダーは仮説を奔放に駆使できる
知ってれば得すること世の中に多いものです。 でも教えてくれる兄さんもいないし、先輩も周りにない。 そんな方は、このサイト活用してください。 先輩の知恵がぎっしり!