自分の武器を持つ秘訣




スポンサーリンク





第三話 友だちがいないことが武器になる

友達は、いないよりいたほうがいいに決まっています。

 

なのに、なぜ、友だちがいないことが武器になるのかといえば、
そのほうが、人間としての原点に早く気づくことができるのです。

 

友人が多ければ、賑(にぎ)やかでいいのですが、気を抜けば、
中途半端な友人関係になってしまうことも少なく無いですね。

 

つまり、現実には心に距離のある友達関係となります。

 

でも、人は身近にいるので、打開策が必要とは思わないわけです。

 

周りに友がいっぱいいると、あえて人間関係の原点に戻る
必要性は無いですものね。

 

 

ところが、周りに友だちがいないと、
何故自分には友人がいないのか、
このままでいいのかという危機感を感じてくるわけです。

 

自分を見つめなおすわけです。

 

この体験はとても貴重です。

 

これからの人生を左右するほど重大な意味のある経験です。

 

打開方法を考えることによって、そして、実践することによって
人間としてのステージは必ず上がります。

 

そして、その結果、とても魅力的な武器を持つことになります。

 

この羨ましい成長は、友達のいない人しか体感できません。

 

では、どうすれば、成長できるのかを説明します。

 

 

その前に、そもそも、友だちがいない人たちの共通項は
何なのかを知っておかねばなりません。

 

 

友達がいな人の考え方の出発点は、
「友達は自分のために必要だ」から入る傾向があります。

 

まあ、よく分かるのですが、この考え方では、長期的な
人間関係を継続しにくくさせます。

 

つまり、友達に、自分に都合の良い存在になって欲しいと
無意識に望んでしまうのです。

 

ここを改められれば、一気に友人が増えます。

 

どうすれば改められるのか?

 

「わかってあげる」
「認めてあげる」
「許してあげる」
「相手を好きになってあげる」
「応援してあげる」

 

 

この5つです。

 

自分がしてほしいことをしてあげるのです。

 

この5つ全て実行することが難しければ

 

「わかってあげる」

 

これを、実行しましょう。

 

これだけでもすごいパワーがあります。

 

人は、自分をわかってくれる人に心を開きます。

 

わかってあげていると相手に感じてもらうには、、、、

 

「わかる〜〜〜!」

 

って言ってあげればOKです。

 

仕事上でもこの言葉は、おまじないのような効果を
発揮してくれます。

 

友だちがいない寂しさを経験したからこそ会得できる
極意です。

 

 

 

昔から、
『色男金と力はなかりけり』
って言われてますよね。

 

でも、現在、金と力のあるイケメンが多いので、
昔の色男も存在感薄いと思いませんか?

 

第四話では お金がないことが武器になるということを
考えてみましょう。

 

 




スポンサーリンク





第三話 友だちがいないことが武器になる関連ページ

第一話 不器用さが武器になる
不器用さが武器になるって知ってました?このサイトでは、能力が劣ることが武器になるらしいし、友だちがいないことも武器になるという話満載です。
第二話 気の弱さが武器になる
不器用さが武器になるって知ってました?このサイトでは、能力が劣ることが武器になるらしいし、友だちがいないことも武器になるという話満載です。
第四話 お金がないことが武器になる
不器用さが武器になるって知ってました?このサイトでは、能力が劣ることが武器になるらしいし、友だちがいないことも武器になるという話満載です。
第5話、自信の無さが武器になる
不器用さが武器になるって知ってました?このサイトでは、能力が劣ることが武器になるらしいし、友だちがいないことも武器になるという話満載です。
第六話 能力が劣ることが武器になる
不器用さが武器になるって知ってました?このサイトでは、能力が劣ることが武器になるらしいし、友だちがいないことも武器になるという話満載です。